司法書士法人黒崎事務所HOME 個人のお客様 法人のお客様 事務所のご案内 アクセス お問い合わせ

訴訟

友人に貸したお金が返ってきません。何かよい解決方法はありますか?

紛争解決の手段としては、必ずしも訴訟の手続が最善の方法であるとは限りません。当事務所では、個々の事案に応じて最適な方法をご提案させていただきます。

また、当事務所では、次に掲げるものをはじめとする様々なトラブルについて、ご相談を受け付けています。

貸金請求例)お金を貸したのに返してもらえない
賃料・建物明渡請求例)賃借人から賃料を支払ってもらえない
請負代金請求例)リフォーム工事を受注したが、請負代金を支払ってもらえない
賃金請求例)勤務先から給料や残業代を支払ってもらえない
債務整理例)借金が返せない、破産や民事再生の手続について知りたい

訴額が140万円以下の場合で、かつ、簡易裁判所に訴訟を提起する場合は、司法書士が代理人として受任することが可能です。
訴額が140万円を超える場合には、司法書士が訴状の作成等を通じて、ご本人の訴訟活動をサポートをさせていただくことが可能です。(弁護士の先生をご紹介させていただくこともあります。)

※訴額とは?
民事訴訟上、原告が被告に対し主張する一定の権利ないし法律関係(訴訟物)を金銭評価した金額のことです。
例えば、貸金請求であれば相手方に対して請求する金額となります。

司法書士法人黒崎事務所
報酬 ご相談の流れ 個人情報保護方針

042-726-3522 AM9:00〜PM17:30 無料相談実施中 司法書士法人黒崎事務所 司法書士法人黒崎事務所 コラム 司法書士法人黒崎事務所

COPYRIGHT(C) kurosaki-office Co.,Ltd. All Rigths Reserved.